精神年齢9歳講師のブログ

精神年齢が低いまま塾講師になっちゃったからこそ見える教育とか勉強とかをつらつらと。

授業が『わかりやすすぎる』と成績が下がるんだってよ。じゃあどうしたらええねん。

わかっていた話だが、やはり『わかりやすい授業』ってのは、手放しに称賛しきれないリスクを内包する

 

karapaia.com

※ただしコチラは『笑える』という意味の面白さ↑

 

www.jyda.jp

 

授業が素晴らしいのはそれはそれで価値となるが、あまりに説明が理解しやすいと、『定着』していないのに『わかった!』と生徒が錯覚するのだという。

 

要するに、『復習をサボる』んですな。だからこそ、授業力をウリとする衛星予備校も、授業終了後に『確認テスト』を必修としているところも多い。

 

―とはいえ、雑な授業を行おうものなら信頼とか集中力を削いでしまうので、どこかに『アメ』と『ムチ』の落としどころを探らねばならない。

 

今日はそんな、教える側にとってはトレードオフとなる、これらの相反するテーマについて考えてみたぞというお話である。

 

 

では、この偽りの『わかった!』をどう打ち破れば良いのか。実はこれについて、僕は僕なりに結論を出している。

 

個人的な感想だが、『わかる!』という感覚の後に、『ヤベッ』というショックを与え、『あ、なるほど』という納得を与えるのが、この現象を打破する要だ。

 

言葉にするとチンプンカンプンだが、実はコレ、オーソドックスな授業を行う講師の方にとっては、極めて自然な授業の流れである。

 

では、英語の授業を例にとって説明してみよう。

 

①まずは基本を理解させる。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200310144928p:plain

 

昨日、英語の『命令文』の授業をした。(一応世間は春休みなので、新学年に向けての復習として実施)

 

ぶっちゃけ、『命令文』の説明は難度が低く、生徒もサクサクっとついてくる。

 

例)You study hard. と板書

 

→「主語を消して、動詞の原形から文を始めば命令文だよ!」と言いながら『You』を消す、という具合

 

まずこれで、『わかった!』という感覚は植え付けられた。(同時にDon't~、とか、Let's、Pleaseなども伝えてしまう)

 

とりあえず、このステップは意識して目指したい。(でなければ満足度に関わる)

 

②例題で一旦どん底に落とす。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200310142045p:plain

しかしその後、例題を板書していく中で、軽く凹んでもらうのがオススメ。先の例だと、発問しながら問題の難度を徐々に上げていくのだ。

 

僕の例だと、以下の文を『英訳して』といって、次々と黒板に書いては当てていった。

 

走れ! → 走るな! → 公園を走るな! → 昼三時に公園を走るな!

 

みたいな。そしてトドメとして、

 

親切になさい。

 

という例文を出した。意外とこれ、解ける生徒は少ない。大半の生徒の顔が曇るのが面白い。

 

・・後はこの例文が解けるよう、ヒントを順々に伝えていくだけだ。

 

例)あなたは親切だ、は英語で? → You are kind.

 

 主語を消せば? → are kind.

 

 areの原形は? → ・・・。

 

 areって通称何動詞? → be

 

  それが原形の名前。じゃあ答えは? → Be kind.

 

でいっちょ上がり。このやり取りが生む『緊張感』は、結構大切。そして、最後のステップに移っていこう。

 

③あとは演習でいっちょ上がり。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200310165035p:plain

ここはコチラの予習にかかっているのだが、僕は演習時に使うワークの問題が8割は解けるよう、板書計画を先回りして考えている

 

そうすれば某通信教育講座のパンフではないが、『見たことあるヤツ!』という感覚が大体生まれ、そして正答率もアップする。

 

最終的には本物の『わかった!』という感覚と『解ける!』という満足度を持って帰っていただける確率がアップするので、この型はオススメである。

 

終わりに。

 

ということで、教える側の人にとっては気の毒?な話をまとめてみた。

 

わかりやすい説明はもちろん魅力的だが、『危機感』と『復習の必要性』を抱かせないと、長期的な満足度はものすごく下がるリスクがある。

 

ここに書いたことが参考になればありがたし。では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村