精神年齢9歳講師のブログ

校舎での出来事、読んだ本、つまりインプットを全てアウトプットに変える実験場、的な。

自宅学習を強いられる方々に向けて。 ~集中モードに入るコツを教えます~

わかっていた流れだが、遂に僕の住むエリアでも一斉休校が再び始まり、軽く失業状態である。

 

現在学校の対応はしっちゃかめっちゃかで、自学を行えばそこの単位を認めるとか認めないとか、大変カオスな情報が飛び交っている

 

ーただ少なくとも確実なのは、これを機に【自学の方法】をきちんと生徒に伝えねばならない段階が来た、ということだろう。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200413193933p:plain

当然の話だが、『家庭学習』にはそれなりのコツがある。だがそれを知っている方も、何なら実践している方も、まだまだ少ない。

 

そこで今日は、『割と簡単に』実践できる、自宅学習でスイッチを入れるコツについてまとめてみる。

 

大人にも結構使えるので、興味があったら試していただきたし。では行こう。

 

 

手順①:着替える。

 

以前この記事でも書いたが、制服までいかずとも、多少カッチリした格好に着替えるだけで、スイッチは入る。

jukukoshinohibi.hatenadiary.com

 

少なくとも寝間着のまま勉強するのはナシ。これはもはや、前提レベルのお話だ。

 

手順②:席に着かなくてもできる勉強から始める。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200413194318p:plain

勉強に入るためには、やはりある種のウォーミングアップは必要だ。いきなり席に着くという作業一つも、勉強が嫌いだとそこで無駄なエネルギーを持って行かれる

そこでオススメなのが、例えば英語の教科書本文の音読や、社会の問題集の解答を口頭で確認するといった、席に着かなくても良い勉強から始めることだ。

 

サクサク進むし、良い感じに頭が冴えてくる。最初の20分程度は、これがオススメである。

 

手順③:制限時間を設け、インプットかアウトプットに集中する。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200413194600p:plain

上記の学習で頭が冴えてきたら、さすがに席に着かねばできない作業に移ろう。例えば、数学の公式暗記、問題演習、長文読解などがそれに当たる。

 

注意してほしいのだが、集中力を深め、維持するため、必ず時間制限を設けること。目安は15~25分程度がオススメだ。

 

そしてその間は、『インプット』ならそれだけに、『アウトプット』ならそれだけに、密に集中するのが大切だ。

 

人は性質の違うタスクを、同時にこなすことはできない。先生の話を聞きながらノートにそれをメモし、かつ暗記までするのが不可能なのと同じ。重々気を付けよう。

 

ちなみに僕は、アウトプットは基本席に着いて行い、インプットは数学の公式を除いて音読等で行っている。参考にされたし。

 

手順④:区切り区切りでの休憩はマスト。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200322105137p:plain

休憩が甘えというのは、時代錯誤も甚だしい暴論だ。無視しよう。

 

知識を頭に定着させ、かつ集中力を長続きさせるためには、定期的な休憩はマストである。(ただし、思い切りゲームに興じることはオススメしない)

 

先の例なら、15~25分の区切りが過ぎたら、お茶を飲むなり少しだけ運動するなり、そういったリラックス法がオススメだ。ざっくり5分程度が目安となる。

 

自分の趣味や娯楽は、タスクを全て終えてから取り組めばいい。正直1日に10時間も自学する必要は無いのだ。その時間は確保できる。約束する。

 

するべきことがあるならそれをして、それが終わればしたいことをする。実はこの論理は好きではないが、自学においてはこれくらいの方がメリハリが付いて良いと思う。

 

手順⑤:わからないことは『インプット』の時間にリサーチ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200413195422p:plain

最後に、『わからない』事柄についての向き合い方を書いておく。

 

これを抱えたままだと不健康なので、例えば『質問ノート』みたいなのを別に用意し、そこにメモして頭から出しておこう。(教材ごとに分ける必要は無し)

 

そしてこれらについては、『インプット』の時間に、人に聞いたりネットで調べたり、参考書を読んだりして、消化するのがオススメだ。

 

尚、解説を読んだだけだと、わかってないのにわかった感覚を得てしまう『流暢性の罠』が怖いので、必ず『アウトプット』で再確認するのを忘れずに。

 

終わりに。

 

実はこれを書いている今も、方々から不安の声が僕の携帯に通知として届いている。とりあえず僕も冷静になりたいので、最後まで書ききってみた。

 

まずは出来ることは何かを考え、それを実行する。正直、これ以外ないと思う。

 

色々と不安な方のそれらを減らす一助となれば、この記事を書いたものとしては幸甚である。

 

それでは今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村