精神年齢9歳講師のブログ

精神年齢が低いまま塾講師になっちゃったからこそ見える教育とか勉強とかをつらつらと。

集団授業向けじゃない子を集団に置いておくのは是なのか非なのか。

今日は僕が今一番抱えている葛藤を、人知れず白状する記事にしようっと。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201104224621p:plain

僕は集団授業も受け持っていることは何度も書いたのだが、最近その運営で非常に悩んでいるケースがある。

 

以下、冒頭が頭でっかちになる前に、本題へ入っていこう。

 

 

集団授業が響かない。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201104181407p:plain

ある生徒が集団クラスに在籍している。だが全体的に、集団授業に全然付いていけていないのだ。もっと言えば、集中力が10分以上続かないタイプである。

 

それだけなら僕が、授業の内容をチョコマカと変えることである程度バッファできるのだが、実は他にも悩んでいる要素がある。

 

一切の悪気はないのだろうが、こちらの流れをトン切る発言を咄嗟に繰り返してしまうのだ。多分、毎時間2~3回、累計50回くらい指摘したが・・なかなか減ってくれない。

 

例えば、こちらの説明中に『ひぇー』と言ったり、全然関係ない質問を放り込んできたりという感じ。僕はスルーすれば良いのだが、一番の頭痛の種は周りへの影響だ。

 

授業内であらゆることを吸収したいやる気に満ちた生徒程、時間割が進むにつれてイライラしていることが伝わってくるからだ。

 

多分僕が見てない時間でもそんな感じなのだろうな、って。

 

『俺は真面目に授業聞きてぇんだよ!!』と、いつ喧嘩になるか不安で仕方がない。一応他のスタッフに報告して、僕が抱え込むことは無いようにしているが・・・。

 

色々試しつつも、効果的な手が打てないままズルズルといっている感じだ。こちらが説明モードに入ると、どれだけ先撃ちしても上記の行動は出てしまう。

 

―いや、実はどういう手を打つのが最良なのかってのはうっすら見えているのだが、それを話す前に、もっと懸念していることを深めていく。

 

四面楚歌。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201029115842p:plain

僕がもっとも恐れている事態は、その生徒が四面楚歌になることだ。

 

僕個人の意見ということで伝えると、私塾とは浮いたり落ちたりはさておき、教育や指導に月謝を頂いている以上、学習したいヤツの言い分が通るべき場所である。

 

となれば、悪気がないとはいえ、流れを切るような発言とは学びたいヤツからすれば妨害行為に他ならない。多分、だから教室内に少しイライラが蔓延しているのだ。

 

これが拗れて露骨なイジメに繋がらないよう、例えば休憩時間もなるべく生徒の側にいることで、最悪水際で止めようと努力しているが・・。

 

こちらの力で完全にどうにかなる部分でもないことも承知している。僕が彼らに会えるのは、週2回しかないのだ。

 

公教育であれば、転校というハードル檄高な方法以外は、例え授業が崩壊しても離脱は許されない。だが私教育であれば、不満が募れば退塾という形で簡単に流出する。

 

―となれば、最終的に誰も幸せにならない未来しか僕には見えない。

 

ここまで書けば、集団授業という形態が不向きな生徒を、こちらの腕が未熟という自責論で誤魔化して無理やり置き続けることに対し・・・

 

僕が反対派ということがストレートに伝わるのではと思う。

 

実はこれには、原体験があるのです。

 

僕だって集団になじめなかった人間なのです。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201104180637p:plain

かくいう僕も、今ではこんな仕事をしていながら、集団授業がマジで嫌いだった。

 

理由は、話を聞けないからだ。聞けないから置いて行かれる。置いて行かれたら面白くないので聞かない。エンドレス。

 

―そんな僕をちょっと救ってくれたのは、当時実は通っていた個人塾だ。そこはわからないところからスタートできたし、わかるところはガンガン進められた

 

高校も、塾に通うようになってから勉強が楽しくなったくらいだ。それは高校3年からなので、丸々2年、勉強はつまらなかったということになる。

 

こんな生い立ちなので、なおのこと思う。集団じゃない方が楽しいし合ってる人間だっているんだよ、と。

 

もしそういう可能性があることを、その生徒もご家庭も知らないのであれば、僕らの義務ってそれを提案することじゃねぇかな、と。

 

ちなみにこの論理に関して昔、上司から『お前の技量不足を棚に上げるな』と一蹴されたのだが、もしまたそう言われようが僕は提案する予定である。

 

立ち向かうことだけが美徳と考える人は、断言するが頭が固すぎる。

 

僕が面倒だ、逃げたいんだというネガティブ一辺倒な思いだけでここに行きついたわけじゃないことを、1700字も使って書いたことから察してほしい。

 

・・これは色んな人のインタビュー等で聞くのだが、落ちこぼれたり浮きこぼれたりした過去を持つ人ほど、学校に好意的なコメントを残していることはレアになる

 

色んな要素を踏まえて、感情論に偏っていることも承知済だが、やはりこの疑問が何度も頭をよぎる。

 

集団授業向けじゃない子を集団に置いておくのは是なのか非なのか。

 

私塾であるなら僕は非だと思うのですが、皆さんはどうでしょうか。

 

では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村