精神年齢9歳講師のブログ

日々を自由研究の如く生きたい。

【同業者向け】色んな”モチベーション”の講師を揃えたいよな~、と。

体重はあまり推移しないのですが、鏡だと目に見えて腹回りの肉が減ってきた中元です。何がどこへいったんだろう。

 

さて。今日はチョイと思った話なのだが、モチベーションって本当に難しいよな、と。上げるとか下げるとかそっちじゃなく、その種類の多さがそもそも、だ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210928184903p:plain

 

カネを稼ぎたい人もいれば、カネになど執着しない人もいる。名誉を追う人もいれば、そんなもの豚に食わせろという人もいる。

 

世界のためになることをしたいという人もいれば、世界平和より己の幸福という人もいる。モテたい人もいれば、そんなの笑止という人もいる。

 

―こういう個性の奥底に根付くものをたくさん持っておいて、多種多様な生徒に手札を切るようにパッパと使い分けていく。これができれば確かに最強だ。

 

だがぶっちゃけ、こういうことができる人って、相当有能な詐欺師じゃねーかなと僕は感じている。つまり、どうしても【騙す】部分が発生しちゃうよな、と。

 

「本当はモテるとかどうでもいいけど、こいつはモテることに主軸を置いているから、そういう声掛けをするか・・」という思いを持ちながら、心からそれを推せるのか。

 

少なくとも僕にはできない。ではどうするかというと、そもそもモチベがバラバラな人間を集めておけばよくねーかな、と。

 

今日はそんな駄文。

 

 

 

そもそもモチベーションはいくつあんの?

f:id:pochihiko_inunosuke:20210928185441p:plain

 

調べてみてすぐゲボ吐きそうになったのだが、モチベーションの種類は実際のところ、非常に多いらしい。(少なくとも8つ)

jp.indeed.com

 

手に入れたい成果があるから頑張る。ではその成果の種類は何なのか?カネ?それとも充実感?実はそこから違ってくる。

 

そもそも、何かを手に入れたいから、ではなく、失いたくないから頑張る人もいる。テストでいい点とりたいといいより、悪い点を取りたくないと頑張る感じ。

 

働いて働いてカネを稼ぐことを目的としていても、自分が豪勢な暮らしをしたいからではなく、結果それでモテたいからというケースも存在する

 

そういったものを言動から見抜くことは、死ぬほど努力をすればもしかしたらできるかもしれない。しかしそれを、自分がカメレオンのごとく変えるのは無理だろう。

 

僕も30歳になる前に、彼女を作ろうと本気で頑張ろうとしたが、心の底ではむしろ嫌だと思っていたのがあったせいで、全く気乗りせずぽしゃったほどだ。

 

性に合わないモチベーションは確実にバレる。逆にできるとすれば、天性のペテン師じゃねーかなと。これが最初に書いた話の理由である。

 

―となれば、こちらがキャラ捻じ曲げてできもしない努力をするよりも、そもそもそこで働く講師のモチベーションをばらばらにした方がラクじゃないかなと思うワケで。

 

例えば僕は、正直金銭を稼ぐことや、不特定多数の異性から行為を寄せられることに、さほど興味はない。

 

ただ、自分が知らないことを学ぶことや、それを人に喋ることは強く動機づけを覚える。

 

でもこれとはキレイに真逆の人もいれば、そもそもまるで違うことをモチベにしている人もいる。世の中は超絶広いのだ。

 

最近何かと話題なFIREしたいと願ってやまない人もいれば、FIREなんてしたら退屈過ぎて死ぬという人もいる。

 

努力できる人もいれば、色々あってできない人もいる。「みつを」と付けたくなりそうな話だが、これって至極当たり前の話なんだよな、と。

 

類は友を呼ぶというが、意識的にそれを打破するくらいじゃないと、窮屈な校舎になっちまわねーかなと、そんなことをふと思った秋の夜ですた。

 

では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村