精神年齢9歳講師のブログ

"よいこ"から程遠い目線から、授業のネタ、講師としての日々、そしてたまには教育や子供について、真面目なことを基本毎日書いてます。

【同業者向け】断言します。生徒制御に”一発逆転”を求めると、結果もっと荒れることになる。 ーそして気づく、超大事なこと。

フィジーク大会にもボディビル大会にも出る気がないのに、プロと同じプログラムのダイエットに取り組んでいる中元です。

 

はい。今日は同業者向けと言いつつも、割と自分に向けた記事である。偉そうなことを何度も書いてあれだが、少々元気が余り過ぎなクラスが、実は1つある。

 

油断するとすぐキャッキャというテンションになる。そういうタイプの生徒ばかりが集まったところなので、「シーン・・」という時間をつくるのが非常に難しい。

 

先週は学校で何があったか知らないが、終始何かに文句を言い続けるありさまで、クレームは来ないかとヒヤヒヤする有様だった。

 

―こういうときは、生徒にストレスをぶつけるのも論外で、自分を呪って酒を飲むのもまた、同じくらい愚かである。

 

乱れやすいなら、それはそれで客観的に現状を観察し、その上で、基本に立ち返らなければならない。僕はそう考えている。

 

そして基本に立ち返る際に強く心がけていることは、一発逆転を狙わない、ということだ。これは結構、集団授業を運営するのに欠かせない要素だと思う。

 

テンパった未来の自分が、この記事を読んで振り返った際に「あぁ、そうだった」となるよう、ここでキチンと体系化しておこうと思う。そんな記事、以下続きである。

 

 

一発逆転の術は、大体通用しません。

 

まずはっきり釘を刺したいのだが、一発逆転の術とは何だろうか。全体に向けて怒鳴る?魂震えるスピーチを行う?一人ずつぶん殴る?

 

それが通用するのは、断言するがフィクションの世界の話である。例えば怒鳴ったところで、倍の温度でギャーギャーなる未来しかみえない

 

これはなぜかと言うと、学級崩壊に至るプロセスを考えたらわかりやすい。大抵、不信一発・即崩壊、ではないはずである。(策士がいれば話は別だが)

 

分かりにくい授業、見通しのない時間、汚い教室・・。そういった環境が絡み合った状態で、時間を掛けてじわじわと、いつの間にか【崩壊】のラインを跨ぐ感じである。

 

となれば、そこからの復活もまた長期戦前提だ。ドキュメンタリーや本だと一瞬で立ち直る感じがするが、そんなことは絶対にありえない

 

年単位で腐った文化をぶっ壊し、生徒とラポールを築き、保護者の信頼を取り戻すべく行脚し、全教員で理念を徹底して共有する。

 

その果てにしか、【立ち直り】もまたないのである。追い込まれれば逆転を狙いたくなるのが人間の性だが、恐らくその負の部分は、何倍にもなって帰ってくる。

 

問題点は1~2つずつ改善していけばいいし、それしかできん。

 

極端な施策で、劇的な効果が望めない以上、どうすればいいか。この場合は、冷静になることがまず第一。冷静になるとは、僕の場合、問題点を言葉に書き起こすことだ。

 

冷や汗タラタラで、「キャッキャなりやすい原因や、そうなるときの兆候」を少し思い浮かべてみる。すると、こうなった。

 

① 教室が汚い(散らかっている)

② 席が密着している(座席表が無い)。

③ 授業に見通しが無い。

④ 笑いどころを作れていない。

⑤ 説明時間が15分以上になる。

⑥ 授業の導入がぬるっとしている。(さあ始まるぞ感が無い)

⑦ 難問を演習させる。

 

―この内、席が密着しているのを一番なんとかしたいが、恐らくクソ抵抗して倍以上めんどくさくなる未来が見える。(ここは最初に文化を作らなかった自分を呪うしかない)

 

となれば、即効性がありそうなものをピックアップして選べばいい。まず、教室が汚いのは掃除をすればいいってだけだし、見通しも宣言すればそれでいい。

 

説明時間は時と場合による。ただこちらとしては、演習で「シーン・・」を生みたいのだが、実は学力が低めのため、なかなかそれも難しい。

 

こういうときは、己の中に答えを探すのにも限界がある。先例を探し、大いにパクる方が、話が早い。

 

ってことで、「集団授業 導入 つかみ」で検索。すると、続々とヒットした。今からの自分の授業で使えそうか、慎重に検討して、参考にしていく。

 

そして大体、「〇分は説明、〇分は演習・・」という目当てもざっくりと考えておいた。僕はその時間を、意地でも死守するという感じだ。

 

尚、ぱっと思い付いただけなのだが、タイムキーパーは生徒にやらせようと考えている。なんかゲーム性がそこに生まれないかなと、そういう遊び心である。

 

・・・こうやって考えていくと、すごく恥ずかしくなってきた。僕自身、調べたり考えたりすれば打てる手が山ほどあるのに、集中力の欠如を生徒に帰していたことに、だ。

 

だが、ここで自分を責めてもしゃーないので、「俺は俺を許します」と心の中で唱えてから、今日の作戦を改めて練ってみた。

 

そして一筋の光明が見えたところで、その時間がやってきた。ここから先は、それを終えた後、どうなったのかをつぶさに書いてみようと思う。

 

ソレカラドシタノ?

 

先に言うが、今回はピシッと統率ができた方だと思う。少なくとも前回と比べれば、全く集中の度合いも、教えられた量も、できた演習の量も、まるで違った。

 

そして上記でチマチマこちょこちょ理屈をこねくり回したが、僕のスランプ(笑)の原因は、そんなところに無かった。どこかで読んだフレーズが、脳内で反響している。

 

「あなたの声は張っていますか?笑顔で授業はできていますか?」

 

・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、これ、最近できてない気がするッ!!

 

 

なんとまぁ。僕の元気が欠けているから、"つまらない"先行からの、話を聞いてもらえない、と。そういうびっくりするほど初歩的な仮説が閃いた。

 

だから、意識的に笑顔を増やし、声を張り、説明にイキイキとした温度を乗せようと努めた。その結果が、最初に書いた通りの成果を生んだのだとすれば・・・。

 

疲労だのストレスだの、原因はどうでもいい。プロたるもの、生徒の前で元気を演出できなくて、どうするというのか。

 

そういう、算数でいう加減乗除レベルの話の大切さを、改めて学んだ瞬間であった。アァ、ハズカシイ・・。

 

でもま、目が覚めたという意味では、いい経験であった。元気に、朗らかに、まずは自分が楽しく授業をすること。これが一番大事ってことですな。

 

皆様も、授業をしていて何かがスランプだと感じる際、自分の活力の発露が足りていないかどうかを、まず考えてみるのはいかがでしょうか

 

てことで今日はこの辺で。

 

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村