精神年齢9歳講師のブログ

"よいこ"から程遠い目線から、授業のネタ、講師としての日々、そしてたまには教育や子供について、真面目なことを基本毎日書いてます。

【英文読書ルーティン日記81】"WHEN TO ROB A BANK"読書感想ブログⅡ ~ひねくれた提案たち~

最近目覚めが割といいのですが、なんか体調不良の予兆のようにも感じて、心穏やかじゃない中元です。

 

はい。先週からまた新しい洋書に取り組んで、読書感想ブログを書き始めたところである。やっぱ、アウトプットした方が頭に残りますな。復習もラクだし。

jukukoshinohibi.hatenadiary.com

 

ただ、文体にクセがあり、時折理解できない単語や文法が登場する。そういうときは思い切りつんのめってしまい、ちょっと萎えてしまう。

 

純粋な文章としての読みやすさなら、サイモン・シンの方が上かも。ただし補って余りあるほど、内容が面白いので、そこまで問題にはなっていない。

 

てなわけで、今週もまた、ひねくれた提案をザクザクっと読んでいこう。

続きを読む

【善意の対応】は、めんどくさい前例や言いがかりを生むというダークサイドもあるから気を付けようという話。

楽しみなはずなのに、なぜか「めんどくさい」とも思う行事には、自分の生活リズムが乱れるという共通点があると気づきました。死んだ方が良い中元です。

 

はい。別に最近クレームごとをやらかしたというわけではないのだが、他山の石ということで、社内外のそういう案件を意識して学ぶようにしている。

 

狙いは、独立した後に、全従業員に自分の口でこういった事態への対処法が、マニュアルとして語れた方が良いよねという、そういう下心にある。

 

こちらに非がある場合のクレームは、蔑ろにするのは論外だが、イチャモンレベルのそれを呑み込んでしまうと、多大なダメージがこちらに来ることに繋がる。

 

法外な慰謝料、意味不明なレベルの厚遇、それこそ枚挙に暇がない。寄生バチのような存在を抱えてしまうコストは、エグいほど高くつくのだ。

 

例え後々にSNS等で★1つとかをつけるキャンペーンをされようと、徹底して要求を呑んではならないこともある。身に染みて感じる事例も、ないわけじゃない。

 

だが、クレームについて勉強していく中で、ふと自分にとっての盲点に当たる箇所に気付いた。

 

その盲点とクレームは、一見結びつかないのだが、実は影の部分で完全に繋がっており、一方が一方へいつでも変貌することもあり得るという罠が潜んでいるのだ。

 

だいぶ抽象論めいた出だしになったが、今日はそれがテーマである。

続きを読む

創りたい塾を考える Vol.8 【『集客』という課題が強大すぎて泣きそう】

ここ最近毎日20分は瞑想に取り組んでいるのですが、最近明らかに気持ちの切り替えが早くなりました。アマチュア僧の中元です。

 

はい。今日はなんかしらないが個別授業が1つ休みになったので、最近手を付けられていなかった事業計画書を一気に書き進めてみた。


テンプレートに合わせて、頭をねじりあげながら一つ一つ、歯が浮くような言葉も時に織り交ぜながら、ビジョンだなんだと書き込んでいく。

 

時には必要なデータを、出店予定エリアの自治体HPから引っ張ってきて、それを数式で分析し取り出そうともした。(結局とん挫)

 

そうやって自分なりにあれこれ調べていく過程を通じて、多くの方々が口を揃えて仰っていたある問題点が、想像の何十倍も強大だとわかり、実はもう泣きそうである。

 

正直、一体何からどうやって手をつければいいのか、本当に五里霧中状態だ。ということで今日は、タイトルでバラしているけど、その問題をテーマに記事を書く。

続きを読む

【高校古文】は、短期集中のマルチモーダル学習で、一気に習得するのがいいよ!!

最近、肩甲骨周りの可動域を増やすことにハマっている、意味不明な三十路こと中元です。

 

死ぬほどどうでもいいのだが、僕は高校古典の点が割と良い。指導科目として教えたこともあるし、大学受験のときも、50点中43点くらい取れた。(漢文はタヒ亡)

 

ただ、古文の授業のニーズなどほぼ無いため、塾講師になってからは、必要とされるときだけ1週間前くらいから予習し、色々思い出すという突貫工事を行っている。

 

―とはいえ、古文の需要が無いのって、単に教えられる人間がいると思われてないという思い込みが原因なんじゃないのかと、ぶっちゃけ最近はそう考えている。

 

だからこそ、夏季講習に向けて早めに今年は予習を始めているところなのだが、今回は今までと違ったやり方を試し、かつそれが効いている手ごたえを感じている。

 

今日はそんなお話である。

続きを読む

【猛省】愚痴ではなく解決策で結ぶべきだった。

忙しいとご飯を食べることさえ忘れます。ベンチャー企業社員みたいな仕事をしちゃう中元です。

 

はい。昨日は新入社員の若い衆と飯を食ってきたのだが、その時ちょっとやらかしたので、反省の弁をここに垂れたいと思う。

 

ざっくり言うと、独立を決意した理由のうち、ダークサイドの方を滔々と語ってしまったのだ。(ノ∀`)アチャー

 

まぁ、彼も大人だったので、大半は聞き流してくれたとは思うが、ぶっちゃけ年長者が一番やってはならないことの一つを、僕は自然にやっちまったというわけで。

 

理由はシンプルで、僕が単にその日、猛烈なストレスを溜めていたのが原因だ。これはちょっと、精神面の未熟さにもテコ入れが要りますなぁ。

 

さて。反省とは、「どうすればよかったのか」という答えを改めて考えて、未来同じことをしないよう糧とすることである。

 

だから僕も、どうすれば愚痴をもっといいように使えたのか、考察したいと思う。てことで以下、本題。

続きを読む

【ちょい同業者向け】映像授業の終焉は、思った以上に近い気がしています。

最近、安くなったスーパーの寿司を狙って買うのが好きな中元です。プチ贅沢って、いいよね。

 

はい。以下、ここ最近皮膚感覚としても強く実感するようになったことをテーマに書いていこうと思う。それは、映像授業の寿命だ。

 

正確に言うと、「映像授業というコンテンツはいつまで売り物たりえるか」という話であり、僕はこれについて、思った以上に寿命はすぐそこにあると考えている。

 

今日はそんなお話。

続きを読む

理科と社会の【図表】を覚える必殺技を開発した・・・・かも。

文系講師であるがゆえに休日が少ない中元です。にもかかわらず給料が同じなことに、ちょっとだけ納得がいったりいかなかったり。

 

はい。そんな僕だが、最近理科を学び直そうと意気込んでいる。今のところ、Amazonのカゴに入れるだけ入れておいて、テスト週間が終わったら買おうと考えている。

理由は、独立後を見据えたら、数学はできる人を捕まえやすそうだけど、理科は多分違うよねと考えたからである。あと、なんだかんだで好きな科目だってのも大きい。

 

そんなことを考えながら最近生徒に社会を教えている際、ある学習法(もとい説明)を使うと、非常に効き目があることに気が付いた。

 

そしてそれを理科の教科書でちょっと試したのだが、やはり非常に覚えやすかった手応えがある。

 

ということで今日は、まだまだブラッシュアップが必要だが、ひょんなことで発見した理科と社会の【図表】暗記法をご紹介したいと思う。

続きを読む