精神年齢9歳講師のブログ

日々を自由研究の如く生きたい。

心理的なお話

「頼れない病」に罹患している僕の認知のバグが、やっとこさ見えてきた説。

得意な人がこの世にいることの方が信じられないくらいなのだが、僕は人を頼ることがこの上なく苦手だ。もっと言えば、仕事を依頼することに抵抗が凄く強い。 頭では、1人でできる仕事などたかが知れていると判っているし、人に(上手に)依頼をすることで、助…

コミュ”少”は損をする場面が多いのですが、その理由はとっても論理的だったりする。

方々から指摘されるので、本当にそうなのか、ただその言葉をその人が使いたいだけなのか判断が難しいが、僕は「コミュ障」と評されることがある。 正直「どの程度の陽キャと比較してコミュ障なのか、後学のために教えてほしい」というのが本音なのだが、ぶっ…

本当に”くつろげる場所”を探すには?

最近、リラックスとかくつろぎという言葉について、あれこれ思い巡らせることが増えてきた。それは、僕の中に一石を投じるような教えを知ったからだ。 その教え曰く、「自分が本当に安心・安全を感じられる環境に身を置いていると、心の底からリラックスでき…

【英文読書ルーティン日記177】"PSYCHO LOGICAL"読書感想ブログⅫ ~不安を分解して観察する~

勉強をすることの利点の1つは、自分を説明する表現や観点を得られることにあると感じている。 僕はなぜ、他の人ができるこの反応ができないのか。思考ができないのか。そういった謎の一つ一つを言葉にするにおいて、先人の知恵や言葉、研究はとても役立つ。 …

「安心・安全」が保障されたコミュニティとは?

【予測不能の時代】、【We are lonely, but not alone】、【リーダーの仮面】などを読んでいると、強い組織の特徴として、ある考え方が共通して登場する。 それはひっくるめれば、【安心・安全が保障されていること】だ。強い組織ほどこれが担保されており、…

多読のススメ。 ―学びがネットワーク化する快感を知ってほしい―

精読と多読、どちらに取り組むべきか。これはぶっちゃけその人のレベルなり好き嫌いなりでどうとでもしてほしいのだが、個人的には両方要ると考えている。 特に最近は、多読をすることで恩恵を受ける場面が増えてきたと感じる。具体的には、腑に落ちていなか…

「優しさ」という極めて高度な職人技を考える。

最近、「優しさ」という言葉の意味合いが、自分の中で変化し続けている。これは生まれ持った気質の呼び方でもあるが、高度な職人技ではないかと思うのだ。 いわば、「優しさ」は技術だ。かなり再現性が高いやり方があり、それを丁寧に実行することで、それは…

「手放す」という考え方の意味が、一層腑に落ちたので、また記事にしてみる。

「感情は、すぐに脳をジャックする」という本に書いてあったことの中で、「言わんとすることはわかるが、すごく遠い理想だなー」と思うフレーズがある。 それは、ざっくり言えば「一つの感情に固執しない、できるだけスッと手放す」というものだ。ちなみにこ…

「自分に正直になる」ことは、思った以上に難しくて奥が深い。

「自分に正直になれ」というフレーズがある。簡潔であり、かつ人生に必要そうな考え方のような気がして、あちこちで聞かされる。 だが、僕はあまりこの言葉が好きじゃなかった。どこかその人の求める僕の理想像があって、この言葉は、今の僕がそうじゃないこ…

【備忘録】2024年現在、僕がよく使っている学習法をシェア。

我ながらよく勉強する人間だと思う。だが、元来飽き性でもあるため、同時に席についてコツコツ勉強するのはそこまで好きじゃないという我儘な面もある。 そんな性格をむしろ活用しようと思い、ここ何年かは、色々な勉強法を試したり、何なら開発しようとした…

【英文読書ルーティン日記176】"PSYCHO LOGICAL"読書感想ブログⅪ ~ストレスは、純粋悪なのか?~

不安が無ければいいのにと、高校生の頃から思ってきた。取り越し苦労をするからメール一つ送り辛いし、誰かとコミュニケーションを取るのにだって呻吟する。 リスクばかり頭に浮かぶから第一歩が出ないし、勇気を奮い立たせて行動に繋げても、選ばなかったIF…

「発想が貧しい人」のある特徴に気が付いた。

僕は元々交流関係を増やしたいタイプじゃないので、面白い人と出会えるとか、そういう場にはあまり興味は無い。 過去何度かその場でマルチ的なものにほんのり勧誘されたこともあるので、新しい出会いについては正直めんどくささとネガティブさを強めに感じて…

「値段や価格への鈍感さ」はもはや、呪縛に等しい。

今日、以下の動画を、やや今更だが視聴した。 www.youtube.com タイトルからなんか感情論が湧いてしまいそうだが、ざっくり言えば「インバウンド価格で海鮮丼が8,000円になったことに怒り!」みたいな報道があったのだという。 ちなみにインバウンドとは、死…

実はファッションこそ、一番コスパのいい投資だと思っている。

最近、周りで積み立てがなんだかんだといった投資が話題だ。僕自身経済学部にいて、教科書的な意味で投資を学んでいた時期があるが、だからこそ興味があまり無い。 「今準備しておかないと老後が・・!」という論拠を聞いても、「そもそも老後まで日本円が今…

「馬鹿の山」にいる自分を、如何に察知して蹴落とすか。

ダニング・クルーガー効果についてこないだ記事を書いたが、ここで得た観点は、自分の学びにおいてとても大事なヒントをもたらしてくれる。 特に自戒しているのが「馬鹿の山」というものだ。わずかな知識量と成功体験などを基に、自分が他人より優れていると…

【手応え75%】僕がこの仕事を続けている理由が急にわかった・・・・かもしれない。

自分がなぜ今の仕事を続けているのか。この問いに答えるのはとても難しいし、何より怖くもある。 もしも答えられなかったり、違和感を見つけたりすれば、それは価値観・モチベーションの動揺に繋がる。押し殺していた本当の感情に行き当たってしまうかもしれ…

引き込まれる説明は、「どうしてだろう?」という問いから始まる。

僕は人の話を聞くのがとても苦手だ。先生の話が始まると、数分も持たずに窓の外の景色が気になったり、無性にノートへ落書きがしたくなったりして、集中が切れる。 このことは学生時代から強く自覚しており、数年前にはもう克服を完全に諦めたが、今はメモと…

【英文読書ルーティン日記175】"PSYCHO LOGICAL"読書感想ブログⅩ ~不安と進化~

僕らの脳の基本構造は、原始時代の頃から変わっていないという。それ自体はそれまでの発見や研究を読むことで、特に疑問を持つことなく、理解できる。 ただ、僕は趣味でたまにキャンプをするのだが、焚火をただ眺めているとき、本能に刻まれた感情のどれもが…

「言い出しっぺ」が”損をする”仕組みを破壊したい。

宿題の出し方から仕事の依頼まで、他人が絡むことにおけるインセンティブの設計や機能には、かなり敏感になるよう心掛けている。 自分にも相手にもトクとなる行動を促すためにはどんな報酬を用意し、どう声掛けを、どのタイミングですればいいか。これが戦略…

最強の塾講師はやっぱり・・・・【いいサイコパス】だよなぁと、すごく思う。

学校や塾、ご家庭であるあるの問答は、20年以上前から変わらないと感じる。例えば宿題をあの手この手でやってこない生徒とのバトルなどなど、だ。 ここをどう説得し、完遂させるか。ここをナァナァにすると、指導自体に意味が無くなり、月謝を頂きながら成績…

「他人へのイライラは自分の得意なこと」という記事を読んで。

最近、メンタル的なことで自分の中で引っ掛かることがあった際、専門的・科学的なヒントを探す前に、同じことで悩んでいる人の言葉を読むようにしている。 具体的にはnoteに自分がもやもやする事柄のワードを打ち込んで、出てきた記事を大量にタブに開いて、…

「一切皆苦」という仏教哲学と、過去のクソ記憶が、僕の心を一番整える説。

仏教哲学を独学で学び始めて久しいが、今一番自分にとって大事だと思う考え方は、「一切皆苦」である。これについて5か月前にも記事にしたが、解像度がちと低い。 jukukoshinohibi.hatenadiary.com その当時は、「楽しいとき、幸せなときの中にも、苦に繋が…

全然腹落ち感なかった【リフレーミング】の意味が、やっと分かった、かも。

「リフレーミング」という心理学用語がある。簡単に言えば、目先の出来事の解釈を変えることで、ネガティブな思考にヘンに囚われ続けないようにするものだ。 久しぶりにChatGPTに質問を丸投げして、その定義を改めて教えてもらった。曰く、こんな感じらしい…

【やや使用注意】心の動揺を鎮めるには、同じタイプの極端な事例をぶつけるのが良さそう。

僕は退屈な時間が好きではない。なぜかと言うと、本当にぼーっとしているときほど、過去の嫌な記憶や、将来への杞憂が脳内に立ち込めてくるからだ。 酷いときは、その嫌な記憶が別の嫌な記憶を連想させ、その感情に完全に乗っ取られかけることもある。そうい…

【英文読書ルーティン日記174】"PSYCHO LOGICAL"読書感想ブログⅨ ~ぼく=理性+感情~

僕が子供の頃、遊戯王という漫画が流行った。「もう一人のボク」というフレーズは、それもあってかとても印象深く、今も記憶に刻まれている。 厨二病みたいだが、時折自分の中には何人もの”じぶん”が居るような気がすると、つくづく感じてもいる。これは分人…

【皆さんはどうですか?】僕が即答できなかった問いがあったので共有します。

今日は会社の中で、担当している校舎の現状と課題、展望についてミーティングする機会があった。 前もって資料を作成しながら、自分なりにそれらを棚卸しした状態で臨んだので、大体は恙なく進んだのだが・・・”ある質問”で、僕は完全に停止してしまった。 その…

「経営者目線」を獲得するためには、結局”数値で現実を見る”のが手っ取り早いっぽい。

最近、「独立」という言葉を使わなくなった自分に気が付いた。これは何も、自信を失ったとか、現状に満足しているとか、別にそういうわけではない。 単に講師として自分はどう在るべきか、どんな講師でありたいか、その理想像がかつてないほどくっきり見えて…

器がデカい人ほど筋トレを推奨する理由が深くて面白い。

僕も昔からそうなのだが、どうしても人の言動や視線が気になって、自分を押し殺すところが結構強い。(HSP気質を持っているんだろうなと思ってるけど) それは人類普遍の共通の悩みであるようで、心療内科の先生や、論文マニアの方への質問として、言葉こそ違…

ずっとイライラして不調なときに、どう自分を中立へ引き戻すか。

なるべく好奇心を持って観察しようとは努めているのだが、今日ははっきり言ってメンタルの調子が滅茶苦茶悪い。ただし、別に鬱というわけでもない。 まず、起きてから何故かずっと、滅茶苦茶イライラしている。起きてもいないトラブルを想定してカリカリし、…

「なんとなく嫌なこと」を、コーチングのメソッドを使って掘り下げてみた。-すると超ヤバかった。

【観察力の鍛え方】を読んでいると、「”苦手”は思考停止ワード」という指摘があって、ちょっとドキっとする。 僕自身、嫌なことや、やってて手応えに乏しいことほど、さっさと「苦手」とラベリングし、距離を置いてしまいやすい思考の癖があるからだ。 当然…