精神年齢9歳講師のブログ

精神年齢が低いまま塾講師になっちゃったからこそ見える教育とか勉強とかをつらつらと。

読書感想文

前提を揃えないとすぐ衝突になるよね、というハナシ。 -そして思う、【議論】が苦手な人にありがちな勘違い。

電気を点けっぱなしで寝ると、何時間睡眠だろうが寝不足になるんですね。新発見がゴミ、中元です。 さて。最近【軋轢が生まれるとき】に出くわしたので、それについて書いておこうかなと思います。(円満に解決は済んでますよ) ー今回のコロナ禍を受け、東京…

【同業者向け】中学の『歴史』の授業クオリティを上げるには、中学レベルだけできたって無駄っすよね、というハナシ。

最近依頼に対して『交渉』という手札を覚えてから、仕事がうまく回るようになった気がします。そろそろ奴隷状態卒業かな?中元です。 さて、今日のテーマは何にしましょうかねというところなんですが、たまには完全に同業者に向けた自分なりのハウトゥーを書…

今勉強して感じる、受験生の頃数学の成績が上がらなかった心当たり3選。

15分の仮眠をしたつもりが、起きたら3時間経っていたことってあるあるですよね。集中力が回復したと思うので、色々ガンバリマス。中元です。 さて。経済学を復習する中でネックになっていた単元『数列』を勉強し直し始めて、早くも1週間以上が経過した。 志…

【同業者向け】塾内でイベントをするのなら、絶対欠かせない5要素があります。

久しぶりに自分が写った写真を見て、その目元のシワに引きました。あー、アンチエンジング頑張ろうかな。どうも、中元です。 さてさて。この時期はコロナの様子をおずおずと観察しながらも、新規入塾生の歓迎や、卒塾生のお祝いなどで、ささやかなイベントを…

【ルーティン日記⑮】塾講師が新たな1年を始める週のBLOG

たまにスーパーに売ってるエビマヨソースは、とんでもなく美味しい。これを多くの人に伝えたい。こんにちは、中元です。 どこかで書いたが、塾の新年度は3月から。ってことで人見知りの僕には少し辛い、新たな担当クラスとかが発生するシーズンである。 新学…

【小ネタ】塾にビジネス書やエッセイなどを大量に持ち込んでみたぞ!

未だに【断】と【継】を70%の確率で間違えます。おはこんばんちは、中元です。 今回はただの【こういうことをしてみますた】という報告なので、これがどう作用するかはこれから検証していくっていう段階の話をば。 突然だが、僕がメインで入っている校舎には…

【ルーティン日記⑪】塾講師が本気で集客を考える週のBLOG

手前味噌だが、ここ2週間ちょこちょこと、以下の5冊の気になるポイントをゴリゴリとメモリーツリーにしながらノートにまとめるってことをしていた。 WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜【電子書籍】[ 佐渡…

【小ネタ】自分が成長しているかどうかを確実に知る、とても簡単だけど心が痛くなる方法とは?

一時期の『やりがい搾取最盛期』ほどではなくなったが、未だあっちこっちで【成長!成長!!】というつかみどころのないフレーズを聞かされる。 こういう人に『つまり成長って何ですか?』と聞けば、『自分で考えろ!』と返されるといった、ある種安定の流れも…

お尋ねしますが、ところで『思考力』ってつまり、何なんでしょうか?

最近、どこもかしこも『思考力』ブームである。 『これからの世の中は思考力が大事だ!!』『思考力を高めて受験を突破しよう!!』『うちの子は思考力がなくて・・』『先生が思考力が大事って言ってた~』 とかとか。こういう風潮を聞かされていると、逆に超…

で、上手く運営できてるクラスって、何を心掛けてるの?

今日もまた集団授業のお話。 基本的に『集団授業』と『コミュニティ論』にはかなり通じるものがあり、色んな方の書いた『集団授業論』をよくよく読んでいくと、結構似ている点は多いのだ。 となれば、『上手く運営できているクラス』の共通項をコミュニティ…

突然ですが、家に『入門書』はいくつありますか?

ここ数年、非常にとっつきにくい分野を徹底的に噛み砕いたコンテンツが大人気である。はしりとしてまず浮かぶのはこれではなかろうか。 もし高校野球の女子マネ-ジャ-がドラッカ-の『マネジメント』を読んだら /新潮社/岩崎夏海 posted with カエレバ そうい…

【ルーティン日記⑧】塾講師が受験生最後の仕上げに全力で乗っかる週のBLOG

今週末、いよいよ共通テストが始まっていく。ぶっちゃけ緊急事態宣言が出たときは、一部とはいえひやりとしたが、【十分な対策の上】実施するそうである。 www.dnc.ac.jp つまり、高校3年生にとっては、不安と疑念を程度はどうあれ抱えたまま、初の【共通テ…

【読書感想文】『サイコパスに学ぶ成功法則』は、合理的思考と行動の見本市!!

僕は2021年に、『良いサイコパス性の獲得』を目標の1つとして掲げている。別に誰かを56すとかそういうのではなく、自分に足りないのがそれと感じているからだ。 その第一歩として、あちこちで推薦されている以下の本を年末年始に読んでみた。 サイコパスに学…

生徒同士のケンカを、本で得た知識で鎮火させた話。

昨日の集団授業終了後、ちょっと生徒同士のボヤがあった。全員が帰り支度をする中、とある生徒(以後Aくんとしよう)が、隣の席の生徒(以後Bくん)に突っかかったのだ。 A『さっきなんで俺のことみて笑いおったん?(怒)』 てな感じ。まぁ言葉尻だけならイチャモ…

わかりやすい説明や心に残るトークがしたいアナタへ。【読むだけで話が上手くなる名著】をご紹介。

僕は未だに会話では口下手という自負があるのだが、『授業』や『講義』においては、結構安定して合格ラインを出せている自負もある。 当初は『自分で授業を誰もいない教室で練習するくらいしないと上手くならない』と言われていたが、今思えば『んなことはな…

勉強できる子の幼少期に、共通点を探してみた。 ―すると少ないけれど、あったです。

やっぱりたまに、神童レベルの生徒はいる。 全国レベルの模試のハズなのに偏差値が70を超えたり、中学生なのに『歎異抄』を原文で読んだり。前世でどれだけ徳を積んだのか、圧倒的な何かの差に目が眩む。 ―こういう『超いい子』をつくる方法って何かあるのか…

『お金2.0』は、校舎運営にも非常に役立つヒントが満載の『実践的な指南本』だと思う。

『お金2.0』はすごいぞ!!というのをあちこちで書いてきたものの、それを密に読み込んだかどうかで言えば、実はダウトであった。 お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ] posted with カエレバ 理由は、時折理解もイメージも難解な概念が登場す…

【小ネタ】『熱狂している人』と話しているときが一番楽しいよね。

『お金』が相対的に価値を失う一方、今は『人柄・個性・情熱』といった、資本主義経済では無視されてきた要素が価値あるものとして認識されているという。 【中古】 お金2.0 新しい経済のルールと生き方 /佐藤航陽(著者) 【中古】afb posted with カエレバ…

【小ネタ】小中学生ほど『ビジネス書』に触れればいいのにと超思うのは、僕だけか?

教科書本文から入試まで、毎日色んな読解問題に触れているが、その内容を長期で記憶しているモノはあんまりない。 ふと思い返せば、小中学校の時の教科書本文も、実はあんまり記憶に残っていない。全力で思い出してみたが、『ポディマ・ハッタヤさん』という…

『嫌われる勇気』の”本当の意味”が、今さらだが分かってきた。

ずっと昔に読み終えたはずの『嫌われる勇気』という名著。 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ] posted with カエレバ その意味は、『嫌われる勇気を持つことができたとき、自分に正直に生きることができるのだよ』という精神論だと…

【大人向け?】結構年取ってから学び直すとオモろかったカテゴリをご紹介。

僕は何度か、子どもや生徒に対して『勉強せい』という前に、まずは自分がそれをしている姿を見せるのが大事じゃねーの?ということを書いてきた。 ―とはいえ、『ならば!』と一念発起し、すぐさま勉強の対象を見つけるのも、それはそれで鬼ムズいことだと思…

忙しくてやさぐれたときに効く言葉、それは『努力は自分、評価は他人』。

最近どうにもイライラしてしまう。 もちろん生徒に当たり散らかすといったクソ野郎なことはしていないが、それでもなんかこう、不健全な感じはある。 原因は非常に簡単で、業務のアンバランスさだ。実は僕、今月は盆の5日間以外、休みなく仕事をしておりまし…

ピクサー流の『アイデアの磨き方』がすっごく面白い件について。

あまりにも分厚いため再読を尻込みしていたが、踏ん切りをつけて『ピクサー流 創造するちから』をチマチマと再読している。 ピクサー流創造するちから 小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法 [ エドウィン・キャットマル ] posted with カエレバ ヒッ…

『読書』を”ステータスに使う”ことは、やっぱりなんか違いますねん。

『読書』をすると、人生において色々恩恵があることは間違いなさげだ。これは主観的にもそう思うし、何なら研究でもそれが示唆されているという。 yuchrszk.blogspot.com 一応僕自身も本を読むっちゃ読むが、本を読むことの意義を履き違えた人のコメントを聞…

【セルフ転載】3年前に英検準一級に合格した時のことをまとめてみる。 一次試験・リーディング編。

今日はクッッッソ体調が悪い。 コロナ?いえいえ、二日酔いです。貴重な脳細胞、いくつ死んじゃったかなぁ・・・。 ―ってことで、新しい内容を考えるにはあまりにもグロッキーなので、今日も別ブログに書いたけど、テーマ的にこっちだよなという記事を転載する。…

【小ネタ】読書感想文と主要五科目の勉強を兼ねた名著をご紹介するぞい。

僕は『一石二鳥』という言葉が好きで、できれば一粒で二度美味しい状態で毎日生きたいと考えている程だ。 だからか、自分が『これはお得だった!』と思った本については、すごく色濃く覚えている。それこそ、人にむっちゃ推したいほどに。 ってことで今日は…

優越コンプレックスにハマった結果、友達を全員失いかけたっちゅう話。

僕は病的に自尊心が低かったというのは、過去に何度か書いたことがある。 自分が【劣等】だと強い自覚があったからこそ、大学受験を始めとする得意分野で逆転を狙ったものだ。 しかし、それを果たしたとしても、さらに上の存在があり、それらとの比較で自分…

赴任早々の超難問。『教室を円滑に運営する方法』は、どこまで調べておくべきか?

集団授業を担当し始めた頃、教員でもないのに、『生徒制御』について軽く鬱になるのでは?というくらい悩みに悩んだ。 『教室はなぜ荒れる?学級崩壊を防ぐ術は?そもそも、予兆はどこにある?』 等々。とにかくあらかじめ知っておけることは知っておこうと…

『小さなチーム、大きな仕事』を読んで、学校教育が起業家を生みにくい原因に触れた。

今回は、一見教育に関係なさそうな読書感想文を書いてみる。それは、『小さなチーム、大きな仕事』という本だ。 【中古】 小さなチーム、大きな仕事 働き方の新スタンダード ハヤカワ文庫NF/ジェイソン・フリード(著者),デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハン…

人間、思っている以上に色々こなせる気がする。でも同時に、考えてるほど仕事や勉強をしてないとも思う。

最近、公私において自分の行動を振り返り、少し驚いたことがある。 どう考えても、引っ込み思案を極めていた20代前半くらいまでの自分と比べ、あらゆることの生産性がアップしているのだ。 試しに、先週やったことを列挙する。(日々の授業は除く) ブログ記事…