精神年齢9歳講師のブログ

精神年齢が低いまま塾講師になっちゃったからこそ見える教育とか勉強とかをつらつらと。

【小ネタ】できるヤツと苦手なヤツの『諦めない!!』とは、まるで似て非なるものである。

今回も超短編だが、何か真理の一端を見たような気がしたので、つらつらと書いてみる。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201211171710p:plain

いわゆる『難問』とされるものがある。特に数学だと顕著なのだが、考えて、考えて、考えて、急にポンと答えが閃くケースがそれ。

 

つまり、時間が掛かるのだ。また、解くにはそれだけじゃなく、精神力も求められる。いわば、『諦めない心』とでも言えようか。

 

『解けるまで頑張れば問題に屈したことにはならない!』と脳に刻み込まれたのか、勉強が得意だろうが苦手だろうが、同じ問題をずっと睨む姿は本当によく見かける。


 ―しかし、できるヤツと苦手なヤツが採る手段は、同じ『諦めない』という表現をされるのに、よくよく見ているとまるで似て非なるものなのだ。

 

今日はそれについてちょこっとだけ書いてみるのじゃ。

 

 

苦手なヤツの『諦めない』とは?

f:id:pochihiko_inunosuke:20201219230327p:plain

まぁハッキリというが、勉強が苦手なヤツの『諦めない』とは、同じ手段を延々と続けることだ。

 

最近YouTubeでオススメの動画として流れてきたのだが、『2021を素因数分解する』という数学の問題がある。

 

これに対し、『2から当てていけばいずれ解ける!!!』と考えるのが、苦手なヤツの特徴と言える。だったら問題にならないって・・・・・・。

 

断言すれば、手数が少ない上に頑固というのがその最たる共通点だと、傍から見ていて本当にそう思わされる。

 

例えば、『320×99』という問題に対し、何も考えず筆算を始めるようなら、ちと怪しい。さらにそこに、解説を読まないというのまでくれば、ハイ確定である。

 

『壁の向こうに行け』という課題に対し、『よじ登る』以外の可能性を考えないような思考であり、これだと少し捻られれば多分未来永劫闇の中、である。

 

できるヤツの『諦めない』とは?

f:id:pochihiko_inunosuke:20201219230921p:plain

一方できるヤツは、手段そのものには全く固執しないのが特徴である。目的を達成するためなら、方法は何でもいいと割り切れるタイプである。

 

ー僕自身は細かい理屈を知らないのだが、先ほどの問題を再掲し、少し考えてみよう。

 

『2021を素因数分解する』

 

・・・何をどうやったらそうなるという話だが、『2021』とはつまり、『2025-4』である。もっと言い換えると、

 

『45^2 - 2^2』

 

なのだ。となれば、中学数学でもやった『(x+y)(x-y)=x^2-y^2』という公式にぶち込んで、

 

『(45+2)(45-2)』

 

となり、47と43という答えが得られるが、この2つは両方素数。だから、これで終了という話。

 

※閲覧軽注意ですが、元ネタと少し便利な方法が載ったサイトを載せときます。


2021を素因数分解する先輩

mental-arithmetic.science

 

 

ー話が反れたが、できるヤツはいかにしてラクをするか、どのようにして目的地まで行くか、そっちを考えることを諦めないのだ。

 

先ほどの例を再掲すると、『320×99』を計算するより、320×(100-1)と考えて、32000-320の計算をした方が早くてラクでミスが少ないと考えるって感じ。

 

また、『壁の向こうに行け』という例の話なら、向こうに行けさえすればいいのだから、登る、迂回する、地面を掘る、壊す、飛び越える、といった手を試し続ける

 

雨垂れ石を穿つとは言いますが、石に穴を空けるならハンマーの方が早いですよ。

 

そういう考え方だと言える。

 

ーってことで今日はただの気づきだが、この2つの傾向は年齢が低くても出てくるし、かつ手段を変えられないヤツはびっくりするほど伸び悩むのだ。

 

ま、無論大人にも当てはまる話なので、僕もいつの間にか頑固おやじにならないよう、色んなことを試しながらキャッキャしたいと思います。

 

では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村