精神年齢9歳講師のブログ

精神年齢が低いまま塾講師になっちゃったからこそ見える教育とか勉強とかをつらつらと。

【小ネタ】教えてるとよく思うけど、やはりわからなかった頃には絶対に戻れない。

『生徒に寄り添った指導を行います!』というのがキャッチコピーの広告をよく見かけるが、それってつまりどういうことなのだろうか。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210212172525p:plain

『わかるまで教えます』『生徒がやりたいカリキュラムで行います』という意味だとしたらそれは当然の話だと思うので、何か違うメッセージが別に乗っているのだろう。

 

だからちょっと考察して遊んでみようっと。

 

・・・ここからは完全な仮説で持論を述べてので、わけわかんないこと言ってんなぁと思われるだろうが、一つの考え方と言うことでそのまま書いておこうと思う。

 

 

生徒に寄り添った指導というのは、間違いなく心理的なものだ。ちなみに物理的に寄り添ったら、それは犯罪。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210212172957p:plain

では、心理的に寄り添うってどういうことだろうか?生徒の気持ちを理解し、声掛けを工夫するというメンタルケアの話だろうか。

 

―となれば、それは非常に難しい話である。もしそれが再現性を持って常にできる講師がいるのなら、間違いなく特殊能力レベルのエリートだ。

 

何故かというと、ある単元を修得してしまえば、『それがわからなかった頃の自分の考え方・感じ方に戻ることは絶対不可能だから』である。

 

例えば、自分の身長が今より10㎝低かったころ、世界がどう見えていたか思い出すことはできるだろうか?多分無理じゃないかなと思う。

 

同様に、傲慢に聞こえるかもしれないが、『わからなかった頃を思い出せば生徒の気持ちに寄り添える!』というのも、実は何言ってるか不明という話なのだ。

 

『自分が小学生だった頃を思い出せば、彼らにどんな世界が見えているか想像できるようね!?』と説くのに等しい。なんかこう、ジレンマ。

 

ではどうすればいいのか?これについては、似た経験をして近似値を維持することしかないのでは、と感じる。

 

例えば僕は今、ミクロ経済学を勉強し直しているのだが、ぶっちゃけ3割くらいしか即座には理解できない

 

このもどかしさ、口惜しさ、何がわかればわかるのかすらわからないカオス。多分これが、僕が昔勉強にもがき苦しんでいた感覚の近似値である。

 

これを応用すれば、『多分内心こんな感じなんだろうなぁ』という精度が高い仮説を立てることができ、ただ闇雲に『寄り添う』よりマシな接し方ができるというわけで。

 

ってことで今日は短編だけど、何かモノを『わからせる』ことが仕事であるのなら、『わからない感覚』をできるだけ意識して生んどいた方が良さげという話でした。

 

では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村