精神年齢9歳講師のブログ

校舎での出来事、読んだ本、つまりインプットを全てアウトプットに変える実験場、的な。

集中力ってのは、使うと無くなるくせに、使わないと使い方がわからなくなる。

 

アニメの切り抜きを気づけば1時間見続けていた中元です。ならばもういっそ作品を買ってしまえと?そうですよねぇー。

 

はい。今日は完全に書くネタが無いので、今まで以上に独り言めいたことをうだうだと述べてみることにしよう。

 

いきなりなんだという話だが、GWで堕落しすぎたせいか、最近【集中】に難儀するようになっている。

 

例えば僕は、1日にぐっと集中できる時間の総量は4時間程度であり、そこで頭を使う作業を行い、別に頭を使わない事柄は流れ作業で終わらせることが多い。

 

また最近は、ポモドーロ・テクニックよりやや大きめの、45分→15分のブロックで作業をすると、色々と丁度いいという風に感じていた。

 

そうやって色々試しまくった恩恵で、自分の集中力というのは割と安定して発揮できるようにしてきたはずなのだが・・・。

 

最近、その調子がクッソ悪い

 

ってことで、こっからそれについての本題である。

 

 

集中力ってのは、使うと無くなるくせに、使わないと使い方がわからなくなる。

 

その原因はさっきも書いたが、GWに堕落しまくったこと、もとい様々な要因によって、自分のルーティンが大きく崩れまくったことである。

 

二日酔い、偏頭痛、朝5時起き、寝不足、また飲んで・・・。そんなことを繰り返すうちに、【集中】に関する機能は、デフォルトに戻ってしまったらしい。

 

普段頭を使いまくる仕事だからこそ、完全にクラッチを切って他のことに忙しくすることは正解だと思っていた。しかし、使わなさすぎも問題だったようだ。

 

集中力ってのは、やはり難儀だ。使うと無くなるくせに、使わないと使い方がわからなくなる

 

野球で言う肩や肘に似ている。デリケートに扱う必要も、トレーニングする必要もある、非常にワガママな自分の一部。

 

ここで得た経験はある種貴重だ。例えオフの日だろうが、何かしらの手を使って、集中状態に自分を入れる時間は必ず作ろうと改めて誓った。

 

おまけ:自分の集中力を把握し、手を打つべし。

 

ちなみに、自分の集中力が切れ気味だということをはじめとする、主にメンタル面に不調が出ているサインは、僕は努力して把握するよう努めている

 

例えば自分の場合、以下の症状が身体に出ることから、それに気づくことが多い。

 

① 朝起きれなくなる

② 朝やたらイライラする

③ ネットブラウジングの時間が延びる

④ 気づけば全然関係ないことに没頭する

⑤ 仕事に手を付けられなくなる

⑥ 問題を解こうという意識がゼロになる

⑦ 過去のトラウマが不意に立ち込めてくる

 

などなど。なかなかに病的なラインナップだが、僕は単なるシグナルとしか捉えていない。不調なのはわかった、ではどうするか?基本、そればかりを考える。

 

今回も集中力の低下以外にも色々出ているので、何か対策しなければ泥沼だとは感じている。ちなみに、対策法としては、僕の場合以下のそれらが有効である。

 

① 筋トレを30分以上行う

② 食物繊維の摂取量を意識して増やす

③ 酒量をやや減らすor飲まない

④ 40分以上散歩する

⑤ 乳酸菌・発酵食品を摂る

⑥ 目覚まし時計をセットせずに寝る

 

たったこれだけのことなのだが、自分できちんと認識できるまでに数年かかっている。自分のデータを集めるのは楽しいが、時間と手間はどうしてもかかるのはお忘れなく。

 

ということで過去イチの話でとりとめがなくなったが、それほど自分の頭の調子が悪いということなので、責めるのではなく、労わることで対処しようと思う。

 

ふと思ったが、なんか寝不足のときの感覚に似ている。そういえば最近、寝つきが悪くて、就寝するまでの時間も延びたなあ。

 

となれば、睡眠の質をきちんと上げることからスタートするべきでしょうな。まぁ、これ以上はガチ独り言になるので、今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村