精神年齢9歳講師のブログ

精神年齢が低いまま塾講師になっちゃったからこそ見える教育とか勉強とかをつらつらと。

『集団授業』に"完璧"を求めると、精神を壊しますぞ!!

集団授業の運営について、最近『悩む』ことが増えた。45分ないし70分という尺がある中で、どうにもほころぶ箇所が出てしまいがちなためだ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200604141124p:plain

 

―が、冷静にふと考えて、今はもうその悩みは霧散している。それは、『45分ずっと集中させるとか、そもそも無理ゲーだったわ』という真理を思い出したからだ。

 

集団授業とはいわば授業の花形であり、一番見る目が厳しい、つまり求められる水準が高いと考えて差し支えはない

 

そしてこれをあまりにも重大に捉え、自分に求める水準をも激高にすると、指導する側は鬱病まっしぐらとなる。

 

―ということで今日は、集団授業を運営しながらも、精神に平穏をもたらす心構えについて述べてみたいと思う。

 

 

全員が『シン・・』としている授業のカラクリ。

f:id:pochihiko_inunosuke:20200617182123p:plain

『素晴らしい!』とされる授業のイメージは、大抵の場合、『受講者全員が集中して、講師の説明に聞き入っているアレ』だと思う。

 

―断言するが、あのクオリティを学校や私塾の授業で目指すと、達成できない日々が連続し、最悪精神を病んで終わる

 

そもそも一流講師ともなると、その授業は大半が『志願制』だ。つまり、前提として聴講者には目的ややる気があるという話である。

 

一方、よっぽどの入試や入塾テストを経ない限り、学校や私塾の生徒が全員そうであるワケはない。何人かはイヤイヤだったり、ワルだったり、多動性を抱えていたりする。

 

そういう環境でそんなクオリティを目指すのは、ハードルが高いというより『無理』である。だから無責任に聞こえるかもしれないが、僕は沈黙の授業を諦めている。

 

よほどそんな環境で授業がしたいのなら、自分のレベルかブランドを高めていくしかない。ただその過程は険しく、実力だけでなくコネも求められるのをお忘れなく。

 

集団授業の及第点はどこにある?

f:id:pochihiko_inunosuke:20200617183120p:plain

ではここから、参考がてら『色んな人』の及第点をご紹介していく。

 

①生徒の70%がわかったとき

 

これは↑この本に書いてあった目安。

 

『集団授業が1クラスあったとき、全員が理解できればそれに越したことはないが、70%分かれば御の字』

 

とのことだった。つまり、10人いたら3人に『サァ?』と言われるまではセーフなのだ。

 

著者は超有名講師であるため、その人がそう書いているのは非常にほっとする。少なくとも僕は救われた。

 

②シーンと集中した時間があったとき

 

こちらの出典は↑コレ。多少説明時にがやがやしていても、やるときには全員がやるという時間が少しでも存在すれば、崩壊前に踏みとどまれるとのことであった。

 

この話を聞いてから、説明時にシンとさせきるのが非常に難しいクラスでも、演習時に頑張っていればOKと許せるようになった。

 

逆に考えれば、演習すら制御しきれなくなったら、ヘルプを求めるか、ヘルプするかの段階である。留意されたし。

 

③ウケたとき

 

これは僕の体感。『わからん!』『つまらん!』の時間が長すぎると、色んな信用等が毀損されまくる。

 

それならばいっそ!という具合に、クラスの雰囲気次第では、小ネタの雑談に鉄板ネタを放り込んだり、例文をとことんふざけたりと、『笑い』に全振りすることもある。

 

意外と、授業が上手な『だけ』の人の評判は頭打ちだ。そこは割り切って考えて構わないのではと思う。

 

終わりに。

 

ということで、だいぶ心が図太くなった今だからこそ、こんな記事を書いてみた。

 

そろそろ面談のシーズンに入っていくため、グサグサとフィードバックが降ってくるタフな時期となる。

 

それに入る前に自己肯定に失敗していると、終わることには疲弊しているに違いない。それを防ぐという意味でも、この記事は参考になるかもしれない。

 

同じ仕事柄の人は、少し立ち止まって見つめ直してみてはどうだろうか。

 

では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村