精神年齢9歳講師のブログ

校舎での出来事、読んだ本、つまりインプットを全てアウトプットに変える実験場、的な。

【小ネタ】「お前はそもそも、何者なのだ?」 ―今さらではあるけれど、軽く僕という人間の自己紹介をしてみる。

今日は作業量が少なくて、色々考え事がまとまっていった中元です。

 

はい。すごく今さらなのだが、1000記事以上も書き殴っておきながら、僕という人間が何者なのか、全然触れていないことに気が付いた。

 

身バレが怖いとかそういうのも10%くらいあるにはあったが、そんなもん誰も興味が無いだろうというのが残り90%の理由である。

 

しかし、とはいえ、誰なのか全くわからない、ペルソナのペの字も描けない人間がbotみたいに書いている印象になっているのも、否めないよな、と。

 

なので今日は、ほどほどに親近感というか、「そういう共通点があるんだ」程度の情報にはなるように、自己紹介をしてみたいと思う。

 

 

僕の履歴書的なsomething。

 

これはどこかで書いたのだが、僕は広島県出身であり、そして今は山口県で働いている。指導科目は主に文系だが、最近は理数もやり直し中だ。(不得意だが)

 

後述するが、留学経験もないくせに、英語が一番得意であり、次点として、国語が好きである。英語は国公立二次まで、国語は共通テストまでは指導可能だ(と思う)。

 

社会も教えるが、それは高校受験レベルまでであり、理科と数学は、定期テストならイケる(かも)という感じの能力値である。

 

そして、高校生のそれまでは受験なんてものをしたことはなく、公立小学校→公立中学校→県立高校→地方国立大学という流れで進学している。

 

ちなみに、今でこそ塾講師をしているのだが、塾に僕自身が通っていたのは、中3のときと高3のときしかない。馴染みとしては、そんなに深くないのだ。

 

中学は個人塾であったが、高校は東進衛星予備校の衛星授業を受けており、安河内哲也先生のそれで偏差値が10以上伸びたのは、今でも強く覚えている。

 

さて。次は世代とか趣味とかの部分について書いてみようかな。

 

子どもの頃に観ていたアニメは星のカービィとか、おジャ魔女どれみであり、それさえ伝えれば大体年代はわかるのでは、と。

 

趣味は基本的にアウトドア活動と読書と筋トレ等で、家の中であれ外であれ、一人で思索に耽ったり、色んなことを試したり学んだりすることが好きである。

 

最近はソロキャンプにハマっており、結構な額をグッズ購入に投資している。もちろん(?)、モンベルの会員にもなっている。

 

また、ちょっと自己肯定感が欠けていた時期に頑張った結果、資格をいくつか持っている。何度もこのブログに書いたことだが、例えば英検1級と準1級は取得済だ。

 

―後は他にも、初級システムアドミニストレータという謎の資格を高2のときに取得していたりもする。(ただ、人生で活用できたことはない・・)

 

さて。今でこそ【独立】という大きな分岐点に差し掛かっているが、僕自身はこの仕事をある種天職だと感じている

 

自分で言うのもなんだが、僕は好奇心が強いからだ。知らないことを知るのも楽しいし、自分の学びを人に伝えるのも楽しい。

 

相互のやり取りで新たな知見を得るのも、もちろん楽しい。対生徒であっても、僕が知らないことを知っていたり、思いもしない問いを持てたりする子を、僕は尊敬する。

 

そんな具合なので、生徒からは精神年齢が9歳程度と評されることもある。だが僕自身は、それを非常に気に入っており、死ぬまで心は9歳のままでありたいと感じている。

 

―ということで、まだまだ仄めかしの度合いは強いのだが、少し詳細に自己紹介を書いてみた。

 

その他ニッチな部分(例えば英検1級・準1級取得の際の勉強法とか)は、既に別記事にまとめているので、リンクの紹介程度に留めておく。

jukukoshinohibi.hatenadiary.com

jukukoshinohibi.hatenadiary.com

jukukoshinohibi.hatenadiary.com

 

ということで完全な独り言であったが、今日はこの辺で。

 

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村