精神年齢9歳講師のブログ

精神年齢が低いまま塾講師になっちゃったからこそ見える教育とか勉強とかをつらつらと。

『今日は時間がいっぱいあるぞ!』という思考は破滅の第一歩。

今日は8連勤が終わり、年末年始の連休に入ってから初日である。肉体的・精神的疲労を取るため、そして"あること"を確認するため、あえて予定をゼロにしてみた。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201230232449p:plain

 

結果、ある意味予想通りだった。見方を変えればなのだが、"なにもできなかった"

 

ブログの記事も3つくらいは書けたはずだし、勉強もたっぷりできたはずだ。ついでに部屋の掃除をする余裕もあったし、ゲームに打ち込むこともできたはずだ。

 

しかし実際にやったことは、先日やらかされた一件でご家庭に謝罪文を送ること、洗濯すること、そして30ページ程度の読書とこの記事を書くことくらいである。

 

あとはずっと・・・・・。昼寝するかYouTubeをダラ観するか、であった。その内容を覚えていればネタとして言語化すればマシになるが、内容はキレイに覚えてない。

 

やっぱ、あれだ。僕はナチュラルボーン・怠け者という天賦の才を持っているんだな。つまり、作戦が無ければ休み時間を闇に溶かし、終わる間際に後悔する

 

もちろん、『何もしないってのができた!』と前向きに解釈しようと頑張ることもあるが、『何も生んでねーってことだよ』とメタがぴしゃりと論破して終わる。

 

これは受験生であっても絶対にハマる罠だ。時間が無限にあると思う時、人はマジでなにもしない。なんでもできるとは同時に、何して良いかわからない、ということだ。

 

ってことで今日は、明日僕も試す予定の、『休日潰さないプログラム』を簡単にまとめておく。

 

 

STEP1:『したいこと』をリストアップする。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201230233100p:plain

まずは『したいこと』をとにかくリストアップすることから始めたい。できれば前日の夜がオススメ。ちなみに、僕であればこうなる。

 

①ブログの記事を2つ書く

②『サイコパスに学ぶ成功法則』を読む

③別ブログのInstagramに投稿する

④別ブログ用のYouTube動画を作る

⑤新年最初の授業の予習をしておく

⑥(返事があれば)不祥事のクロージングをする

⑦筋トレ

⑧湯船に浸かる

⑨コミュニティ論の本を再読する

 

・・・的な感じ。かなり頑張ったが、これ以上は浮かんでこない。つまり、『やりたいことがいっぱいあるぞ!!』とは、せいぜい指の数、なのだ。

 

まずはこうして、『可視化』することをオススメする。

 

STEP2:日々のルーティンは崩さない。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201230233852p:plain

今年から強く意識していて、かつ効果があると感じるのが、『日々のルーティンを崩さない』ということだ。

 

どうでもいいが、僕は以下のルーティンで毎朝行動しており、休みの日もそれは崩していない。

 

起床

カーテンを開け、白湯でプロテインを飲んだ後、R-1を飲む(日によっては卵も摂取)

10分間読書、英単語アプリで30語ほど勉強

ブログの過去記事リライト

最弱CPUで将棋(自分のストレス度合いの確認)

運動(筋トレや散歩)

家を出る30分前まではフリー

シャワー等身支度

出発

 

『休みの日だからいっぱい寝よう!』というのは否定しないが、朝のルーティンをこなしたあと、『昼寝』とかで、あくまでも計画の一環として確保する方が健全である

 

これも意外と大切なTipsである。

 

STEP3:各タスクには制限時間を設ける。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201219160524p:plain

時間がたくさんあるのに何もできない。こういうのをパーキンソンの法則というという話は何度も書いたので割愛。

okugoe.com

 

簡単に言えば、『たっぷり時間をかけて』という甘えを自分に許さないということだ。例えば、『ブログを1記事書く』のなら、『45分』という時間制限を設ける。

 

実際今も僕の横でタイマーが作動しているが、この方が良い感じに集中出来て良い感じ。

 

ーもし可能であれば、そこへさらに『タスクシフト』の要素も加えたい。インプット・アウトプット・休憩は、連続させないということだ。

studyhacker.net

 

例えば、『読書』はザ・インプットであるが、それを15分くらいやったら、次に取り掛かるのは『アウトプット』か『演習』に切り替えるという意識である。

 

ーちなみに、塾講師という仕事は、タスクのほとんどがアウトプットであり、工夫しないと集中力がマジで続いてこない。

 

そういうケースのときは、予習→清掃→採点→清掃→掲示物作成→軽食・・という風に、無理してインプットを挟むより、割り切って意図的に休憩を挟む方がオススメだ。

 

参考にされたし。

 

STEP4:余計な思考を頭から締め出す。

f:id:pochihiko_inunosuke:20201215222936p:plain

あとは作業に打ち込むだけ・・と言えば簡単だが、現実はそうもいかない。少しでも油断すると、意識の底からぬたりと『ネガティブ』が浮かぶ人も多いことだと思う。

 

僕だってそうだ。昨日あった事件について、今現在はご家庭に推敲し倒した謝罪文を送ったところだが、既読はあるものの返信が無い状態である。

 

こういうのが引っかかっていると、絶対に深い集中には入れない。数年前の僕だったら絶対に悶々として、全てを放り出し布団に潜って自分批判に勤しんでいたはずである。

 

今も確かに一瞬"引っ張られる"ものの、それに"気付ける"ため、割と平穏に距離を置いている状態だ。

 

ここで僕が使ったのは、『例え話論破』と勝手に呼んでいる考え方である。

 

『将棋で言うと、僕は謝罪文という自分なりの最善手を打ったところだ。そしてご家庭はそれについて、次の手を長考しているも同じ。

 

プロ棋士だって、相手が長考中に席を立つことを許されているし、控室で他の棋士と雑談することが許されているんだから、別に他のことをしたり考えたりしていいじゃん』

 

ーという感じで、現状と似ている具体例を思い出し、『だから別にいいじゃん』と自分を納得させる考え方である。

 

人が働いているときに休んでいるのが気掛かりなら、『いや、地球上いつだって誰かは仕事してるし誰かは休んでるわ。全員休んでんのは墓地だけだろうよ』と考える。

 

自分以上に勉強している存在が気になるのなら、『あいつが行きたいのは旧帝大。俺が行きたいとことは関係ない』と割り切る。

 

それでも切り替え切れないのなら、激しい運動をしたり、自然の中を散歩したり、15分くらい寝たりといった他の手を試す。それでいい。

 

集中とはただ深めればよさそうであるが、ノイズを徹底的に取り除いたうえで、という前提を忘れないようにしてほしい。

 

終わりに。

 

ってことで、時間がいっぱいある罠について書いてみた。

 

僕も大学生の頃とか無茶苦茶で、2連休あれば2日で20時間以上睡眠とかザラであった。ごめんなさい父さん母さん。

 

もちろんこれはこれで有意義なのだが、せっかくなら世のため人のため自分のため、もう少し建設的に使いたいよね。

 

そんな方々のヒントとなっていれば幸いである。では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村