精神年齢9歳講師のブログ

精神年齢が低いまま塾講師になっちゃったからこそ見える教育とか勉強とかをつらつらと。

延々と悩むより、調べてから考えた方が前に進むよね。

こんにちわ。

大学2年の頃、『よなよな』と『ルナルナ』を間違えていて大恥をかいた中元です。

 

 

さて。最近ご家庭から送られてきたアンケートを読んでいると、ちょっと放任できない返答が飛んできた。

 

『教室が汚い(要約)』

f:id:pochihiko_inunosuke:20210219163512p:plain

 

『ななな・・なんですと!!!(#^ω^)』

 

ぶっちゃけ綺麗にしているという自負があったため、これは結構憤慨!・・・と思ったけど、そう思われている以上やむなし。

 

ぷんすかしてる暇があったら、改善策を考えるしかありませんわなぁ。悩むことは仕事してるフリ!!

 

・・・って思考を始めたとき、ふと気付いたことがあったので、急ぎ記事にまとめやす。

 

 

昔の僕は真逆で、悩んで、悩んで、悩み倒して、自責に終始してハイ終わりというそれはそれはひどいものだった。

f:id:pochihiko_inunosuke:20210218205438p:plain

これはまさに無責任極まる行動であり、顧客からのありがたいアドバイスの全てを無に帰して終了である。何というか、仕事ができないヤツの典型例!!

 

・・・だったはずなのに、今回の僕はどうだろうか。とっととアクションを考えている。ね、僕、成長したよね!!!なんてことはどうでもいい。

 

実はある時ふと気付いたのだが、今の僕が悩んでいることは、とっくの昔に既に誰かが悩んで考えて答えを出してくれているのである。

 

そしてそれは、『データ』として、脳内であったりインターネット上にゴロゴロと転がっていたりと、とにかく割と誰でも手の届くところに存在するのだ。

 

つまり、大抵のことはそれをそのままヒョイと持ってきてさっさと活用すれば、僕は一切悩むことなく行動ができて、パッパと結果が生めるのだ。

 

今回で言えば、『オフィス 清潔感 出し方』みたいな語句で検索すれば、ヒントはいっぱい出てきた。 

 

では、それを僕の校舎にどう応用するか?頭を使うのは正直言ってこの段階からであり、逆に言えばここに至るまでに頭を使っていると多分無駄という話である。

 

確かに普遍的な教えというものは存在するが、それはどんな状況でも60点は出すという意味で普遍と言うことだと思う。

 

しかし、それぞれ十人十色なシチュエーションに応じて仔細を変えることで、その教えを80点にも90点にもできる。もっかいいうが、そのためには頭を使わないといけない

 

改めて校舎の現状を脳内に浮かべ、なるべく問題点を言語化し、またGoogleに放り投げてアンサーを漁る。

 

それらの中から、金が掛からないだとか、すぐにできるとか、極端に面倒と言うわけじゃないとか、色んなフィルターを通し、実行するアイデアを決める

 

とりあえず今僕の目の前には、200円で買ってきた1㎏の重曹が置いてある。聞いたところによれば、一番校舎を汚く見せているものは、重曹で消えるらしいからだ。

 

他にも面白そうなアイデアはいっぱい見つけたし閃いたので、それは効果があったらこちらにシェアしておこうと思う。

 

今はまさに問い合わせのシーズン。清掃不備というクソくだらない理由でそれを取り逃してなるものか!!!

 

ついでに校舎をピカピカにしていく過程をSNSにアップして、これもまた一つのコンテンツにしてやるもんね。

 

昔の自分に比べれば、僕もだいぶしたたかになったものだ。三十路間近だが、日々成長を感じてなんかうれしい。

 

・・・ってことで脱線し始めたから、まとめに入りやす。

 

①あなたが悩んでいることは、大体とっくの昔に誰かが答えを出しています。

 

②それをまずは調べて、自分の状況にどう応用するかという段階で、初めて頭を使いましょう。

 

ってところかな。とりあえず僕はそれで、ちょっとしたクレームから行動を取りだして今からそれをするところなので、くよくよ悩む時間が消えた。

 

ネガティブさんほどクレームとアドバイスの区別がつかずメンタルを病んじゃうので、そういう癖があるならさっさと前に進んじゃった方がやはり良いです。

 

では今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村